ホーム > 蓮見 節 議員のプロフィール

蓮見 節 (はすみ たかし)

蓮見節議員
  • 2007年、初当選。現在2期目。
  • 今年度の役職 : 総務常任委員会委員長、決算特別委員会委員長、都市計画審議会委員、議会報告会実行委員会委員長、議員団幹事
(2012.3.6現在)

生い立ち

  • 1954年、東松山市箭弓町に生まれる。73年、県立松山高校卒業。87年、中央大学大学院博士課程終了。東松山市内で学習塾を営みながら、中央大学文学部兼任講師、学校法人河合塾講師、専修大学経済学部特任講師などを務める。98年、東京進学会設立、同代表。比企准看護学校講師。美土里町在住。

歴史研究活動

  • 73年、松山高校を卒業後自宅浪人中、偶然手にした柳田謙十郎の『弁証法入門』を読んで学問を志す。受験勉強をせずマルクス・エンゲルス・レーニンの著作を毎日読みふけり、翌年も受験に失敗。その翌年、中央大学文学部に入学。
  • 歴史研究者を目指し大学院博士課程に進学。歴史研究では、叔父の蓮見治雄東京外国語大学教授の影響で、モンゴル帝国時代の軍事・社会制度史を研究。大学院博士課程を終了後、中央大学人文科学研究所の無給研究員として5年間在籍。
  • また、日本モンゴル学会、国際モンゴリスト会議等でモンゴル帝国・元朝の社会軍事制度について数多く研究論文を発表。
  • 01年、中国で著書を出版。日本では、NHK取材班とともに角川から『大モンゴル』を共著で出版。他に、『歴史読本』『歴史群像』など多くの雑誌に、大モンゴル国の軍事・社会組織について執筆する。

性格と趣味

  • 性格は、臆病で気が弱い反面、真理に固執し自己主張が強く、その一方で自分の誤りに気づけばあっさりと引き下がる素直なところがある。悩んでいる人には手を差し伸べないではいられず、そうかといって、ずかずかと人の心に踏み込むことは好まない。頼まれればなかなかいやと言えず、しかし、おせっかいを焼くことは嫌いである。
  • 趣味は、音楽。特にバッハとヘンデルが好き。ヘラブナ釣りと山登り。鉱物採集。最近、韓流ドラマ(特に「私の名前はキム・サムスン」)にハマる。

学習塾

  • 大学入学と同時に、叔父の学習塾を継ぎ、以後三十年以上にわたり東松山市で子どもたちの学習指導に努力する。一番嬉しいことは、英語の読解や世界史・現代社会・政治経済などの授業を通して、社会問題などを学生にわかりやすく話し、「小論文や面接のとき大いに役に立ちました」と言われること。