ホーム > 市政報告 > 入札制度改革

入札制度改革 「労働福祉」について

蓮見たかし議員の一般質問 −09年3月議会−

2009年 4月 12日

<質問>指名業者の選定に当たり、「労働福祉」の状況をどのように考慮しているか。

<答弁>労働・公衆災害の発生状況や賃金の支払い状況、建設業退職金制度への加入状況等について、「指名業者選定基準」で不適当業者の排除のための欠格条項や選定運用基準を設けるなど「労働福祉」を考慮している。

<再質問>国の建設業退職金制度はすぐれた制度だが、下請労働者にはほとんど手帳が交付されていない。実態を把握しているか。

<再答弁>業者には500万円以上の工事について証紙購入報告書を提出させているが、下請労働者が手帳を保持しているかどうかは確認していない。実態の把握に努めたい。

(週刊「民主松山」 1831号)